行野亜紀ブログ

ピアノ講師、ピアニスト

えいごでピアノレッスン

ブログ訪問ありがとうございます☺️

 

ゆきのピアノ教室、講師の行野です。

今日は最近始めたえいごでピアノレッスンのご紹介をしたいと思います。

 

f:id:aki-yukino:20210621110655j:plain

 

私の教室では年中さん、年長さんからシニアの方まで幅広く来ていただいていますが、えいごでピアノのメインに使っているPiano Bopというテキストは特に年中さん、年長さんに大好評のテキストです。

テキストの最後にCDがついていて、音源に合わせて英語の歌を歌ったり、ピアノをひいたりすることができます。

この音源がとてもよくて、早くこのテキストがやりたいと言う子や、CDをずっと車の中で聴いて覚えてきた!と言う子がいるくらい大好評です笑

それくらい楽しく、リズムや鍵盤の音の場所(鍵盤の真ん中だけでなく、広い音域)を体で覚えられるテキストになっています。

 

今まで年中さんや年長さんに使っていたテキストでは、楽譜の読み方、鍵盤の場所は覚えられても中々リズム感が覚えられないという子が多かったので、導入してみましたが、本当に大好評で、CDで聴いた英語も覚えてくれています。

耳で覚えてくるので、始めたばかりなのに本当に発音のきれいな子もいて、私の方が感動させてもらってます。

 

f:id:aki-yukino:20200403004308j:plain

 

 

f:id:aki-yukino:20200426194743j:plain

 

他にも小学生の生徒さんで、イギリスと日本のハーフの生徒さんも教室にいらっしゃっています。お家で英語に触れているので、今は拍子記号や音符の名前、読み方を英語で教えています。

今は日本語のテキストを使っていますが、これからピアノアドベンチャーというテキストの英語版を導入していこうと思っています。

 

 

f:id:aki-yukino:20210621110647j:plain

 

あくまでピアノレッスンの中で英語も取り入れて楽しくレッスンすることがメインですので、えいごを話すことを強制したり、必ず英語を使ったテキストを使うわけではありません。

ただ、私も子供の時から英語に触れる機会があったり、英語の成績がよかったので高校生の時は国際文化コースで勉強したり、その中でスウェーデンにも留学したり。。英語を含め外国語を勉強することが好きで楽しいと感じていたので、そういう機会が皆に与えられたら、その上でピアノも楽しくできたらいいな!と思いながらレッスンをさせていただいています。

 

ちなみに、スウェーデンではスウェーデン語が公用語ですが、日本語からスウェーデン語への辞書はほとんどないので、ある程度英語を話すことは必須でした。

現地では英語を話せる方が多いので、留学当初は英語で色々教えてもらいながら生活していました。

 

そんな経験も生かしつつ、生徒さんに少しでもレッスンが楽しいと思っていただけたら幸いです。

楽しみながら、物事を続ける力をつけてあげることを目標に教えていきたいと思います。

 

現在は生徒募集枠残り少しとさせていただいています。もしレッスン時間のご都合合わない場合も、キャンセル待ちをしていただくことができます。

来年度は教室のレッスン時間拡充させていただく予定ですので、ご興味ある方は体験レッスンだけでもぜひお越しください😊

 

 

E-Mail: aki.yukino922@gmail.com

 

ゆきのピアノ教室 Web Site

https://aki-yukino.business.site/

ゆきのピアノ教室 Facebook

https://www.facebook.com/yukino.piano.school